A Candle In The Wind ブログ版
FC2ブログ

はじめに

ようこそお越しくださいました。ここは、「ベルサイユのばら」の二次小説置き場兼、「宇宙戦艦ヤマト」の二次小説や考察兼、独り言のブログです。
二次小説は、管理人の趣味と自己満足の結集です。
著作権を侵害するつもりも、営利目的もありません。
二次小説をお読みになる方は、この記事の続きに注意事項(のようなもの)がありますので、目を通していただければ幸いです。カップリングや傾向と対策(笑)が書いてあります。

※「宇宙戦艦ヤマト」
現在稼働中のメインコンテンツ。考察と二次小説があります。
二次小説にはインデックスがありますので、カテゴリからどうぞ。
インデックスは3つあり、2199が1つ、旧作関連が2つです。
考察は、2199に対してちょっと辛口なので要注意です。
2202はネタバレ注意してください。
私が二次小説を書く原動力は、あくまで旧作です。よってこれからも旧作中心に、古代君とユキと愉快な仲間たち(笑)を追求していきます。あしからず。
※だからといって私はリメイクが嫌いなわけではありません。単純にリメイク版の2人には萌えないだけです(笑)。理由はわかりません~~。
★リンク切れなど修正依頼ありましたら、ご連絡ください。
お前の駄文、何とかせい、という依頼はナシで(笑)。


※「ベルばら」
以前、ベルばらのサイトを運営しておりましたが、閉鎖にあたり、二次小説を保管するためにこのブログを立ち上げました。
よってここにある「ベルばら」のお話はすべてサイト時代に公開していたもので、新しくお話を書く予定はありません。
お読みになる方は、カテゴリーの「おはなし一覧」がインデックスとなっておりますので、そちらからどうぞ。インデックスは2つあります。1つは以前、企画もの(季節もの)としてアップした話です。
最近の記事はヤマト関連がほとんどですので、もしもそういった記事を目にしたくない方は、サイドバーのカテゴリーから直接飛んでいただく方が無難だと思います。

※もしもリンクをしてくれるという方がいらっしゃいましたら、ご一報ください。
そうはいうものの、リンクしてください、リンクしました、と突然連絡されるのも心情的に困ります。
面識のある方、コメント欄やメールなどである程度やり取りした方に限らせていただきますので、ご了承ください。


バナー作りました。
l25.jpg


※転載はご遠慮ください。

最新の記事は、この下にあります。


以下、二次小説をお読みになるにあたっての注意事項です↓

続きを読む

スポンサーサイト

ボヘミアン・ラプソディ

遠い昔、はるか彼方の銀河で…

ではなく、昔々、1980年代も半ばの頃、ちょうどベスト・ヒット・USAを見ていた高校生の私はぶったまげました。
テレビからクイーンの「I Want To Break Free」のPVが流れてきたのです。
それまでもクイーンは知っていましたが、彼らの映像をちゃんと見たのはそれが初めてだったような記憶があります。
フレディが、ひげを蓄えたまま胸に詰め物を入れてミニスカはいて掃除機持ってる画は田舎の高校生には衝撃でした。
他のメンバーは笑い飛ばせるレベル(ロジャーに至っては違和感ない)なのですが、フレディにはなにやらシャレにならない雰囲気が漂っていて、私は即座に「こいつらやべえ!!!」と思いました。
もしかしたら、すでにフレディのレオタード姿とかどこかで見たうえでの感想だったのかもしれません。
とにかく、ニューロマンティックのキラキラにハマっていた田舎の高校生には衝撃が強すぎました。
曲が頭に入ってこない(笑)。今聴くと、すごくいい曲ですが、当時の私にはそんなことどうでもいい(笑)。とにかくクイーンはヤバい!!とそれだけの思いでした。

と、このようにクイーンを聴く機会を見事に逸してしまった私ですが、世代的にもちょっと遅かったわけで。
私が知っているクイーンの知識と言えば、「CMとかで結構曲が使われている」「フレディはエイズで亡くなった」
「日本から人気に火がつき、中でもロジャーの人気がすごかった」「好きな人は本当に好き」と、これくらいです。
「クイーンって結構いいよね」と思うようになったのはそれから10年くらい経ってからでしょうか。
もうフレディがこの世を去ってからの話になります。
しかし、ベスト盤も数多くでていてどうしたらいいのか分からない。
結局、今までクイーンとは縁がなかったのです。

それが、今回、この映画ですよ!

映画が公開になる、と聞いた時から「絶対に見なければ。これを逃したら私はきっと一生クイーンを聴かないで終わってしまう」と思っていました。
そして公開一週間後に行ってきましたよ、「ボヘミアン・ラプソディ」。

こんなに魂揺さぶられるとは思っていませんでした。
音楽が好きで本当によかった、と思える映画です。
サントラも買っちゃいました。クイーン入門にはいいではないでしょうか。
ライブエイドの再現度は笑っちゃうほど完璧なレベル。予習というわけではなく、自分を盛り上げるため、YouTubeで何度か本物のライブエイドでの映像を見ていたのですが、見ておいてよかったと思いました。
再現度と言えば、ブライアン・メイがそっくりで、個人的にはボブ・ゲルドフも似ていて笑っちゃいましたが。

史実と違う、という意見もあるようですが、大河ドラマだって史実と違う部分があるんですから仕方ない。
これはドキュメンタリーじゃなくて、エンターテインメント、娯楽映画なんですよ。演出は必要でしょう。

正直、いままでフレディの人間性について考えたことなどありませんでしたが、音楽と一緒に、彼についてもとても興味を持ちました。

新ピカの爆音上映会に行きますよ。休みも取った(笑)。
おかしいな、ヤマトでも休みなんてとったの1回だけなのに。
というわけで爆音前にもう一回どこかの時点で見てきます!!

第六章 1回目感想

2202、土曜日の舞台挨拶回を見てきました。
2回目まで感想は書かないでおこうと思ったのですが、やはり1回目での感想を書いておきます。

かなりフリーダムにネタバレ満載でお送りいたしますので、気をつけてください(;^ω^)
1回しか見ていないので大いなる勘違いがあるかもしれませんが許して。


続きを読む

おひさしぶりぶり

きゃーーー。ブログ書くのにログインできないかと思っちゃいました💦

さてさて、第五章からこっち、なんとか生きておりました。
すげー忙しい中、川崎に「交響曲宇宙戦艦ヤマト」を聴きに行って涙を流してみたり、国際フォーラムでスターウォーズ in コンサートを見に行ったりしていました。見たスターウォーズはEP4何ですが、あろうことかラストのヤヴィンの戦いで意識が遠のいてしまいました(笑)。
いやいや、面白くないんじゃないんですよ。面白くて何回も見てるせいで展開が分かっちゃって、毎日激務の身にはいい子守唄なんですよ、ハリソンやマークの声が(笑)。

交響曲の方は、すごく、すごーーく感動しました。
CDでしか聞いたことのない音が、まさか生で聞けるなんて思ってませんでしたから。
もう一度、聞きたいです。

と言うことで、「ハン・ソロ」も2回見たし、2018年は終わりました!!
仕事するよーーー!!!!

ネタバレなし 第1回目感想

見てきましたよ。
「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」第五章 煉獄編(長い)

ツイッターのTLが金曜日あたりからざわつき始め、私の心もざわついておりました。
「ハン・ソロ」は本国で公開するし、何だかとっても大混乱(笑)。

かなりの覚悟をもって、昨日の舞台挨拶回を見てきたのですが、感想は…

キーマン

キーマン! キーマン! キーマン!

初登場から推しキャラではありましたが、今回はもうあなた。
水に濡れてうめく姿をおいしくいただきましたよぺろぺろ(いろいろひどい…)。

ネタバレなしにまとめると。

ガーレガミロン!
キーマン!
透子さんのタンクトップ!
ラスト5分は鬼畜

ラスト5分はねえ、「涙なしには見られない」とキャッチコピーがついていましたが、本当にねえ。
感動の涙と言うよりもやるせなくて泣きましたよ、アタシは…。

まあとにかく、ストレスフリーで見られたのでよかったです。

あと3回くらいは行きたいなあ。

舞台挨拶は、上映前だったので爆笑トーク風でした。
なぜか山寺さんが仕切っているという(笑)。
そしてなぜかみんなでその場にいない小野Dとの思い出を語りだすw

第七章までなんとか脱落せずに突っ走れそうです。

おかげで楽しい酒が飲めたし。

新ピカにはほとんどグッズがなく、購入したのはパンフと新聞のみでした。

今日はまったり読みます^^

ヤマトとかSWとか

皆様いかがお過ごしでしょうか。もう5月です(笑)。
さて、あと一週間後には2202の第五章が始まります。
もう第五章ですよ!!! 早い、時がたつのは早い。
しかも、テレビ放送もきまったようでおめでとうございます。

先行には行きませんでした。
初日25日の舞台挨拶回も行きません。せっかくアンドロメダ付きの前売りを買ったので、これを使うべく、25日の遅い回に行こうかと思っています。
舞台挨拶は翌26日の14時の回です。
本当は、上映後の舞台挨拶が好きなんですが、そうもいっていられません。
いまだかつてないほどのチケット争奪戦で、PCの前で青くなっていましたが何とかゲットできました。
第六章とか、最終章とか、無理かもしれない…。

私の2202に対するスタンスは「ヤマトだから見る」「せっかくだから楽しむ」という、熱心な方が聞いたら小一時間は説教したくなるようなスタンスでしょう。
でも、これくらいが精神衛生上いいんですよ。
一時期は本当にヤマトなんてどうでもいいやと言うところまで行きましたから(マジ)。
またそういう風に否定的に受け止める人を否定するようなSNSの風潮にもウンザリだよ。
幸い、私のフォロワーさんは心の広い方ばかりで、最近はスターウォーズの話しかしていない私を生暖かい目で見守ってくれています。

スターウォーズ…。
この作品もいろんな意味で業の深い作品ですわ…。
「最後のジェダイ」はDVDでも見たし、メイキングもみました。つか、円盤買っちまった(笑)。
私にとっては「まあアリじゃないの」っていう展開なのは初見から変わらないんですが、無駄なストーリーと無駄な動きが多く、何だかよくわからないところが多くてモヤっとするのも変わりません。カタルシスがほぼない…。
プリクエルでは、主人公のアナキン・スカイウォーカーの寂しさや苦悩、パドメへの愛が見ているものに伝わってきました。
だからこそ、ep3が悲しく、切なく、見る者の胸を打ちました。
オリジナルでは、主人公のルーク・スカイウォーカーの、仲間を救いたい、父を救済したいというひたむきさが見る側に迫ってきました。
だからこそ、ep6で何とかまああんな形でもすべてを成し遂げたルークと彼を信頼し一緒に戦ったハンとレイアに「よくやった」と拍手を送りたくなったのです。
シークエルも、ep9が終わった時に「これそSWだ!!!」と、納得のいくものになっていることを期待します。
「最後のジェダイ」最大の功績は、私自身がこんなにルークに思い入れがあるのだと気づかせてくれたことでしょうか(笑)。
ハンとベイダーの方が人気者だったのに、結局SWの主人公はルークであると誰もが思い知ったエピソードだったのかもしれません。
さあ、ep9ではどんな展開になるのでしょう。
その前に「ハン・ソロ」楽しみ。
てか、オビ=ワンのスピンオフ、はよ!!!! もちろんユアンでお願い!

気がついたら4月になってた!!

みなさん、お久しぶりです。
いかがお過ごしでしょうか。

私は4月になり、仕事が繁忙期に入ってバタバタしております。

年が明けてからいろんなことがあり、ヤマトの第四章が終わった後、ちょっとこれまでの仕事の仕方を整理しないといけないかな、という状況に陥りまして。最後の最後までヤマケットの参加をどうするか考えていたのですが、結局見送ることとしました。
今はもう気持ちの整理もついたし、一般参加でおとずれた際に、たくさんの方から「何やってんだよーー」という愛の突っ込みをいただきましたので、次はぜひ、参加したいと思います。
ホント、この度はサーセン(反省の色なし)。

いや、ヤマケット不参加の理由はそれだけじゃなく、なんとなくモチベーションが上がらないってこともあるんですよね。
2月からこっちちょっとヒマな状態が続いて、そのヒマにまかせてスターウォーズ関係の動画見たり、マーク・ハミル氏のインタビューなんぞをうだうだ聞いたりしていたら、ますますスターウォーズ沼にはまってしまったのですよ。
もともと大好きな映画なので、ちょっと足を踏み入れたら泥沼にはまることはわかっていたので、この数十年(爆笑)、一歩引いたところにいて気をつけていたはずなんですが、まんまとはまりました(笑)。
とはいえ、萌え要素皆無のハマり方なんですけどね。
でもスピンオフとか読んだり、ディズニーチャンネルで「反乱者たち」見たりして今更ながら
「深い。スターウォーズは深い…」
と、感慨に浸っております。
いや、深いのは知ってたよ。だからあえて手を出さなかったんだからさ!!!
思わず、「The Last Jedi」のDVD予約しちゃいましたーー!!
「フォースの覚醒」持ってないのにアホかー。
今回の3部作のボックスが出たらそれはそれで買いますけど。
つか、スカイウォーカー9部作がボックスで出たら買いますけど!!
たとえオリジナルトリロジーをDVDで持ってるにしても。
洋画の救いは、アニメのように円盤がバカみたいに高いわけじゃないってことでしょうか。
やれやれ。

というわけで6月には「ハン・ソロ」が公開されますし、おっとその前に2202第五章か。
いろいろとイベント目白押しでうれしい限りです。
2202の方はそれこそ一歩引いて付き合いたいと思います。
自分の「好き」に正直でいたいわ、私。
いつかカテゴリーに「スターウォーズ」ができるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします^^;;
いろいろ語りたいのだ。
言っとくけど、二次はありません。洋画で二次は、私の場合はないな~~💦

第四章、もうすぐ終わりですね

天命篇、新ピカでは今週金曜日まで上映しておりますが、あまりいい時間ではないし、4回も見ればお腹いっぱいなのでこれにて打ち止めです。

そう4回(笑)。

何だかんだ言って、4回も見てしまいました~~。

舞台あいさつ、通常の上映、そしてヤマトーク2回。

ヤマトークはどちらもとても興味深かったです。

天命篇の感想を書きたいのですが、何をどう書いたらいいのかよくわかりません。
最近そういうのが多い。
結局「最後のジェダイ」も私の頭の中ではまとまっていませんし。
だんだん思考するのをやめてるんだろうか、私の脳みそ…。

前にも書きましたが、三章よりは好きです、はい。
ですが、古代にはこれっぽっちも感情移入できません。
どっちかってーと、キーマンだな。透子さんや永倉さん、玲ちゃんが私のお気に入りです。
どうも透子さんの行く末は怪しいけれど、彼女には幸せになってもらいたいわ。
永倉さんも最後まで無事でいてほしいです。

時間がある時に、じっくり感想書きたいです。

第四章発進

第三章でメンタルやられて、あれ以来、旧作まで見られない体質になってしまいました。
このまま私の中のヤマトは終わってしまうのか。本を作る話もとん挫か、と思い、悲しみに暮れていました。
何も嫌いになろうと意識しているわけではない。本当は好きでいたいのに。

というわけで、第四章は私にとって賭けでした。
どっちに転んでも最後まで付き合おうとは思っていましたが、楽しみながら見られるのならそれに越したことはない。

祈るような気持ちで初日の舞台挨拶回に行ってきました。

1回目の感想は、「うん、いいと思う」です。

とりあえず、ネタバレなしの感想を簡単に書いておきます。

これでやっと2202の古代は、オリジナルが「愛し合うべきだった」と涙したあの瞬間と同じ土俵に立てたような気がします。
「さらば」と「2」は、結果こそ違いますが、最後に古代が自分のしてきたことに対して落とし前を自分でつけようとするところは一緒です。
彼は自分の罪深さをわかっているのです。敵ばかりでなく、味方まで自分の手で殺めてしまったことを誰に言われるでもなく悟っている。

自分の手を汚し、罪を背負ってしまった古代とヤマトの仲間たちがどう償っていくのか。
2202の旅は、思いもよらぬ宗教性を帯びながら続いていくようです。

2018年、明けました

お前はふざけてんのか、というタイトルでごめんなさい💦

なんだかいろいろな方面に心を持っていかれているうちに、2018年になっちまいました!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は後半からヤマト的にはなんだかヤル気を失い、年の瀬にはとうとう心をSWに持っていかれてしまいました。
というか、ジジイになって渋さ120パーセントのマーク・ハミルに持っていかれてしまった(笑)。
SWのファンをやって幾星霜ですが、マークを初めてカッコいいと思いました(おいおい)。
3回見たので感想をまとめたいのですが、まとまらん!!!

夜な夜なYoutubeでマークのインタビューを聞いてはウフウフ笑っている妙な人になっています。
ああ、英語がわかってよかった!
というか、私はこういうことのために英語をずっと勉強していたんだよ!!
もっと洋画が見たい!!!

というわけで、ヤマト的には危なっかしい当ブログですが、マイペースでやっていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
いいのか、こんな締めで。

カウンター

プロフィール

れおれお

Author:れおれお
マイブームは宇宙戦艦ヤマト。
「さらば」からリアルタイムで見てきたはずですが、記憶はとっても怪しい。
仏像と映画とロックと時代小説をこよなく愛しております。
ブログ名の意味は「風前の灯」(笑)。

pixiv
ブログの転載です。
※2015年はpixivにアップはしない予定です。
読んでくださった皆様、ありがとうございました。
アカウントは残しておきますので、出没した際はよろしくお願いします^^

ツイッター
@leoleo2199

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

お返事は基本的にブログ内でさせていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

QRコード

QR

検索フォーム