A Candle In The Wind ブログ版

はじめに

ようこそお越しくださいました。ここは、「ベルサイユのばら」の二次小説置き場兼、「宇宙戦艦ヤマト」の二次小説や考察兼、独り言のブログです。
二次小説は、管理人の趣味と自己満足の結集です。
著作権を侵害するつもりも、営利目的もありません。
二次小説をお読みになる方は、この記事の続きに注意事項(のようなもの)がありますので、目を通していただければ幸いです。カップリングや傾向と対策(笑)が書いてあります。

※「宇宙戦艦ヤマト」
現在稼働中のメインコンテンツ。考察と二次小説があります。
二次小説にはインデックスがありますので、カテゴリからどうぞ。
インデックスは3つあり、2199が1つ、旧作関連が2つです。
考察は、2199に対してちょっと辛口なので要注意です。
2202はネタバレ注意してください。
私が二次小説を書く原動力は、あくまで旧作です。よってこれからも旧作中心に、古代君とユキと愉快な仲間たち(笑)を追求していきます。あしからず。
※だからといって私はリメイクが嫌いなわけではありません。単純にリメイク版の2人には萌えないだけです(笑)。理由はわかりません~~。
★リンク切れなど修正依頼ありましたら、ご連絡ください。
お前の駄文、何とかせい、という依頼はナシで(笑)。


※「ベルばら」
以前、ベルばらのサイトを運営しておりましたが、閉鎖にあたり、二次小説を保管するためにこのブログを立ち上げました。
よってここにある「ベルばら」のお話はすべてサイト時代に公開していたもので、新しくお話を書く予定はありません。
お読みになる方は、カテゴリーの「おはなし一覧」がインデックスとなっておりますので、そちらからどうぞ。インデックスは2つあります。1つは以前、企画もの(季節もの)としてアップした話です。
最近の記事はヤマト関連がほとんどですので、もしもそういった記事を目にしたくない方は、サイドバーのカテゴリーから直接飛んでいただく方が無難だと思います。

※もしもリンクをしてくれるという方がいらっしゃいましたら、ご一報ください。
そうはいうものの、リンクしてください、リンクしました、と突然連絡されるのも心情的に困ります。
面識のある方、コメント欄やメールなどである程度やり取りした方に限らせていただきますので、ご了承ください。


バナー作りました。
l25.jpg


※転載はご遠慮ください。

最新の記事は、この下にあります。


以下、二次小説をお読みになるにあたっての注意事項です↓

続きを読む

スポンサーサイト

第四章発進

第三章でメンタルやられて、あれ以来、旧作まで見られない体質になってしまいました。
このまま私の中のヤマトは終わってしまうのか。本を作る話もとん挫か、と思い、悲しみに暮れていました。
何も嫌いになろうと意識しているわけではない。本当は好きでいたいのに。

というわけで、第四章は私にとって賭けでした。
どっちに転んでも最後まで付き合おうとは思っていましたが、楽しみながら見られるのならそれに越したことはない。

祈るような気持ちで初日の舞台挨拶回に行ってきました。

1回目の感想は、「うん、いいと思う」です。

とりあえず、ネタバレなしの感想を簡単に書いておきます。

これでやっと2202の古代は、オリジナルが「愛し合うべきだった」と涙したあの瞬間と同じ土俵に立てたような気がします。
「さらば」と「2」は、結果こそ違いますが、最後に古代が自分のしてきたことに対して落とし前を自分でつけようとするところは一緒です。
彼は自分の罪深さをわかっているのです。敵ばかりでなく、味方まで自分の手で殺めてしまったことを誰に言われるでもなく悟っている。

自分の手を汚し、罪を背負ってしまった古代とヤマトの仲間たちがどう償っていくのか。
2202の旅は、思いもよらぬ宗教性を帯びながら続いていくようです。

2018年、明けました

お前はふざけてんのか、というタイトルでごめんなさい💦

なんだかいろいろな方面に心を持っていかれているうちに、2018年になっちまいました!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は後半からヤマト的にはなんだかヤル気を失い、年の瀬にはとうとう心をSWに持っていかれてしまいました。
というか、ジジイになって渋さ120パーセントのマーク・ハミルに持っていかれてしまった(笑)。
SWのファンをやって幾星霜ですが、マークを初めてカッコいいと思いました(おいおい)。
3回見たので感想をまとめたいのですが、まとまらん!!!

夜な夜なYoutubeでマークのインタビューを聞いてはウフウフ笑っている妙な人になっています。
ああ、英語がわかってよかった!
というか、私はこういうことのために英語をずっと勉強していたんだよ!!
もっと洋画が見たい!!!

というわけで、ヤマト的には危なっかしい当ブログですが、マイペースでやっていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
いいのか、こんな締めで。

遠い銀河の物語

いつのまにか年の瀬になってしまいました。

先週は、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を見に行き、無事に限定版のパンフもゲットし、ラストに泣き、私の心は遠い銀河に持っていかれたままです。

まだ1回しか見ていないので何とも言えませんが、私は肯定派です。
反対派の意見にはまるっと賛成なのですが、それでも全否定できないのはそれだけスター・ウォーズ愛が強いってことでしょうか。
いやいや、反対派にだって愛はあります。むしろ、いろんなことを知っている熱心なファンの方が今回は否定的なような気がします。

以下、微妙にネタバレなので隠します。

続きを読む

深淵

いやはや。
すでに第四章の情報が出ているようですが、まったくついていけません。

ということで(おい)、今日は駄文です。

ネタが下りたらペラい本に回そうと思っているのですが、これはアップするしかあるまい。

「永遠に」からで、古代君の話です。なので、ユキちゃんは出てきません。


重要なので言っておきますが、何かのアンチテーゼに読めてしまった方、それは気のせいですので(笑)。
何も意識していませんので(ホントかよ)!!
でも2202第三章好きな方、要注意ですよ~~。


続きを読む

「宇宙戦艦ヤマト」の真実

2202の小説版とタイトルの新書をようやく読み終わりました。

小説版はすごくよかったです。
どうかすると、これだけでアニメ本編はいらないんじゃないかと…げほげほ。
と、とにかく、こちらの感想は後程書こうかと思います。

本日は新書の方をさらっと。


まずは目次を見て「ヤバいわ、これ」と思いました。
2年前に歌舞伎町の某所で(笑)当時のスタッフのお話をお聞きする機会がありましたが、それがフラッシュバックしましたよ。
そして、こうした話題で絶対に切り離して考えられないのが、西Pの存在。

著者は彼に翻弄され、騙されたと言いつつも、彼の美点にもしっかり言及しています。
ただ、欠点や悪行の数々を挙げるだけではなく、きちんといいところも評価する冷静な視点に好感がもてました。
口八丁手八丁でカリスマ性があるってタチが悪いわ…。そして派手好きと来た日には、私なら近寄りませんw

ちなみに著者によるとM御大は「おおよそ」の作者だそうです。
権利も守られず、アイデアは横取りされ、大した見返りも与えられず彼らがそれでも「ヤマト」を続けたのは、愛着もあるのでしょうが、「なぜかイヤと言えない」Pの人たらしの才能のおかげ(せい?)のようです。
あとは、クリエイターでも何でもないこの人に任せていたら、どんなものが出来上がるか分かったものではない、というクリエイターとしての親切心(?)からでしょうか。
若いクリエイターはついていけなくて、どんどん離れていくのも仕方ないことだなと実感。
彼らを世に出したPの功績は大きいですが、育てるタイプではなかったようですね。

興味深かったのは、2199ができたときの話です。監督と著者は旧知の仲というのもここで知りましたが、そういえば「III」とか「完結編」のクレジットでは名前が並んでいるんですから、知ってて当たり前だわ、と今更ながら気づきました^^;;;

全体的にイヤな印象は受けず、「俺が功労者だ」と言わんばかりの自己顕示欲も、Pへの恨み節も感じられず、いい気分で読むことができました。
そして、著者のPへの感情はまに「愛憎」。見てるこっちも小学生なのに、「愛憎」が心に渦巻いているという(笑)。
ヤマトはまさに愛憎の物語なのです。

この本、ヤマトファンなら面白く読めるのではないでしょうか。

拍手コメ返信と追加の感想

下の記事への拍手、コメント、誠にありがとうございます。

内心、文句言われるんじゃないかとドキドキしながらアップしたんですが、意外と賛同してくださる方が多くて、ビックリしました。

拍手への返信は続きからどうぞ。

続きを読む

言わずにおれない

本日で第三章の公開が終わります。
最速上映会を含めて4回の鑑賞で終わりました。
1回は初日舞台あいさつ、1回はヤマトーク付きでした。
おおむねいいと私は思っているのですが、なにかのどに刺さった小骨のようにスッキリしないことがある。
下の記事にいいたいことは全部書いたと思ったのですが、何か腑に落ちない。
それが何かわかったのでまたもやぶちまけてみます。

件の古代と雪のシーンです。
アレが好きでたまらん、2202の古代君と雪が最高って人は要注意ですよ。




続きを読む

3回目鑑賞。いろいろ思うこと

第三章を金曜日に見てまいりました。
新ピカのシアター1でしたが、ほぼ満員状態。
時間が時間だったので、オッサン率高め。
私の両脇もオッサンでした。2199からだから、もういい加減慣れたね。

次からはちょっと辛口入っていますので、特にリメイク版の古代君と雪ちゃんが好きな人は要注意です。
前もって言っておきますが、アタシは何もこの2人が嫌いってえわけじゃないんですよ。

それから、前の記事に拍手をありがとうございました。
いろいろな意見がありますよね。
前にもいいましたが、私は第三章の問いに正解はないと思います。
でもこれだけは、言っておきます。
私はそれでも、旧作の2人が大好きなんです。
それをお返事の一部とさせていただきます。

以下、要注意。





続きを読む

愛する人のためだけでいい、のか!!!

新ピカの初日舞台あいさつに行ってきましたよ。
朝、8時前にはついたのですが、すでにカオス状態で、とにかくパンフだけ買ってあれやこれややっていたらすでに開始10分前。
おかしい、第二章の時はもっと遅い時間に到着したけど暇を持て余してたのに。
新ピカはどんどん混沌としていくようです。
他の劇場で見ろよ、という意見もあるかと思いますが、ここが一番近いの! 仕方ないの(笑)!

ってことで2回目ということもあり、続きからはネタバレありです。

心して開くように(笑)。



続きを読む

カウンター

プロフィール

れおれお

Author:れおれお
マイブームは宇宙戦艦ヤマト。
「さらば」からリアルタイムで見てきたはずですが、記憶はとっても怪しい。
仏像と映画とロックと時代小説をこよなく愛しております。
ブログ名の意味は「風前の灯」(笑)。

pixiv
ブログの転載です。
※2015年はpixivにアップはしない予定です。
読んでくださった皆様、ありがとうございました。
アカウントは残しておきますので、出没した際はよろしくお願いします^^

ツイッター
@leoleo2199

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

メールフォーム

お返事は基本的にブログ内でさせていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

QRコード

QR

検索フォーム